習い事の重要性

子供の習い事は、大なり小なりその子の将来に影響を与えると思います。

小さい頃に少し習っていただけでも、大きくなったときそのとき習ったことが役立ったりする場面がでてくるものです。

習い事をすることによってまだ知らない能力に気づかされることもあり、親としてこんなにうれしいことはありません。

このサイトでは、習い事について様々な目線で紹介しています。

当たり前になった習い事

今は本当に習い事をしている子供が多いです。

運動が苦手だったり勉強が苦手だったりと、苦手意識を克服するためにも習い事は有効とされています。

我が子の運動神経が他の子に比べてどの程度なのかということは、親が一番わかっているはずです。

小学生にもなってくると運動神経の差というのは、確実に目に見てわかるようになってきます。

子供が自分にコンプレックスを抱いてしまう前に習い事で少しでも運動をしておくと、一番にはなれなかったとしても周りと比べて劣等感を抱くことは避けられると思います。

勉強もそうです。

低学年のうちはそれほど差はわかりませんが、高学年にすすむと勉強が嫌いだったり苦手な子は周りとの学力の差を意識し始めます。

周りより自分が劣っていると思ってしまえば、その時点からもっと勉強嫌いになってしまうこともあるでしょう。

習い事で勉強することの楽しさを知り、自分に自信を持つことができるようになれば、どんなことにも意欲的に行動できるようにもなります。

ただ、習い事を始める際のきっかけって結構難しいと思います。

仲良しの友達が習っているから一緒に・・・という理由では、ちょっと長続きしない可能性もあります。

その友達が習い事をやめるとなったら一緒にやめるという事態にもなるかもしれませんし、そうなると何のためにお金を出して習い事をしているのかわからなくもなってきますよね。

またサッカーや野球などの習い事は、通ううちに周りと我が子の差を実感させられやすい種目ではないでしょうか。

同じように練習して頑張っているのに、よその子はどんどん上達し、うちの子はなかなか上達できない・・・。

まるで自分のことのように思うのは親として仕方がないのですが、その気持ちをお子さんにぶつけてしまう方も少なくありません。

「どうしてあの子より上手にできないの?」「もっと練習しなさい」と、子供の自尊心を傷つけてしまってはいけません。

習い事の主役はもちろんお子さんです。

一度習い事をすると決めたのであれば、親も根気よく気長にお子様を見守るということを忘れないで欲しいと思います。

習い事をしているうちにお子様は確実に成長していきます。

そのペースは人それぞれですが、精神的にも強くなっていくお子様を優しく見守ってあげることで親子の絆も深まります。

学校での様子は、親はあまり見ることはできませんが習い事の場合は子供の様子をよく観察することもできます。

どのように他の子供と関わっているのか、最初は知らない子だったのにいつの間にか仲良くなっていく子供の社会性の高さに驚かされる日も来るはずですよ。

習い事をすることで成長する

習い事を通してお子さんは様々な知識を身につけていきます。

習っている分野についてだけではありません。

英語を習っているならば、もちろん習っていない子より英語を理解することができます。

それだけでなく人と会話することの楽しさ、難しい問題を解く集中力、そして解けたときのうれしさもたくさん経験することができると思います。

Comments are closed.